探す時のコツ

行く曜日で変わる可能性

賃貸住宅で知っておくと良い情報としては、出来るだけ多くの物件を見て、地域ごとの相場を知るという事が大切になります。 例えば、出来るだけ会社に近い物件を借りたいのであれば、家賃は関係なく選べば良いですが、近場で安くとなるとそう物件はないです。地域ごとの相場が分かっていたら比較的安くて会社からも近い物件を早く探がし当てる事が出来ます。 賃貸不動産屋に行くタイミングも重要になります。以前私は水曜日に半休を取ってお部屋探しをした事がありましたが、そこのスタッフに水曜日は困ると少し言われた事があります。大手賃貸不動産屋はいつでも営業してますが、物件の管理会社などが休みという事が多く、物件は探せても管理会社から鍵を借りられなくて部屋を見れない事があります。

入居時は各部屋の写真を撮っておこう

工夫する事で得られるメリットが大きいものとしては、大切に部屋を使用するという事です。賃貸住宅だと最終的に引越しをする事になりますが、部屋を出る時に敷金でもめるケースがあります。入居する時に敷金や礼金を支払いますが、敷金は退去する時に原状回復などの修繕費として使われて、余った分は戻ってきます。部屋を大切に使う事で修繕箇所が減り、戻り分が多くなります。 あとは入居した時にデジカメで各部屋の写真を残しておくというのも重要になってきます。前の住人が付けた傷なども修繕するとなると戻り分がさらに少なくなります。写真さえ取っておけば証拠になりますので、立ち合いの時に担当者に見せると良いです。大きな傷などはアップにして撮っておくと良いです。