担保を準備する

実は、こうした担保のシステムと言うのは融資の契約などだけではなく不動産の賃貸借契約にも存在します。 その担保の役割を果たしているのが、賃貸人に対して預ける敷金なのです。 敷金は、法律的に原状回復をするための担保として解釈されています。 原状回復の費用というのは、部屋を汚く扱ったときにその部屋を綺麗にするための費用のことを言います。 敷金を預かっておけば、賃貸人は部屋を汚されても綺麗にすることが出来るため安全に部屋を貸すことが出来るのです。そうすることで安心することが出来ます。

金融機関の担保を考えればわかるように、担保であれば契約を守りさえすれば必ず後でその担保を返還してもらうことができます。 この点に関しては、賃貸借契約であっても全く同じです。 賃貸借契約をした際に預けた敷金は、その契約に関して全く問題がないと判断されたときには速やかに返還されなくてはいけません。 契約に関して問題がないということは、部屋を綺麗に扱ったということです。 部屋を綺麗に扱ったのならば敷金を利用して原状回復をする必要が無いため、敷金を全額返還してもらうことができます。 注意をしなくてはいけないのは、敷金の返還は大半の場合で全額返還が可能だということです。 日常生活でついた汚れなどでは敷金を利用することができないため、賃借人はきちんと返還を宣言しなくてはいけません。